qi + trip !

Let's enjoy qitrip.

仙台牛タンの旅 〜牛タンのために仙台へ行ってわかったこと〜

牛タンといえば仙台
仙台といえば牛タン。

今回は牛タンの為だけに仙台に行ってきました!
夢だったんです。仙台に行って牛タンだけ食べる旅。
そこで、実際に行ったお店と雰囲気を紹介します!

それでは1泊2日の仙台牛タンの旅と同じ流れで紹介します。

伊達の牛たん本舗 牛タン通り店

仙台第1食目の牛タンは関東にも店舗がある伊達の牛タン。
なぜ、伊達の牛タンを選んだかというと……
朝の8:00から営業しているから!
めちゃ早い!夜行バスで行ったぼくたちにはぴったり。また、仙台駅の駅ナカにある牛タン通りにあるのでアクセスにも困りません。

店内は平日の朝ということもあり静かでした。

そしてお肉は……
ウェルカム仙台というようなお味。
今回食べた中では味付け・肉厚・食感のバランスが取れていて「これが仙台の牛タンだぞ!」というような牛タン定食でした。朝から牛タンを食べれる幸せ感を味わえます!


iPhoneX




牛タンの店 赤間精肉店

このお店は仙台市内ではなく日本三景の松島にあります。
そして言いたい。このお店の為に松島に行きたい!

松島観光がメインならまず先にこのお店に!
仙台の牛タン目当てなら足を延ばして松島へ!

店内はかなり狭めなので、観光シーズンに行く場合はまず赤間精肉店に行くのがベスト!

お肉は自分で焼くスタイル!

レアが好きな人はレアで。
しっかり焼いて歯ごたえを感じたい人はミディアム、ウェル。
その時の気分で変えるのもよし!
食べていて楽しかったです!

そして味付けはしっかりしていて丁度良い塩加減。
お肉もさすが精肉店。なかなかの分厚さ。
ご飯も進みます!大満足です!

今回行った中でも特にオススメしたいお店になりました!

iPhoneX




一隆 本店

仙台駅から歩いて20分のところにお店を構えているのがこのお店!ちょっと遠いいのでタクシーを使うのが良いかも。

お店の雰囲気は?!
BGMのようにずっと喋っている店主。
とりあえず喋る。とにかく喋る。
食べるのに集中できないくらい喋る!
そして後ろで流れる80s〜90sくらいの本当のBGM。

雰囲気は抜群に昭和の定食屋さん。

そしてこのお店とても安い!
牛タン定食が1400円!
お肉のボリュームもなかなか!

お肉は今回食べた中で一番脂がのっていて歯ごたえが感じられる焼き具合。味付けも少し濃いめなのでご飯がすすむ。

最後に。
一隆 本店とても良いお店ですが夜に行く予定の方は注意してください!
閉店時間よりも早く閉まってしまいます。
その理由はお肉がなくなってしまうからだとか。
このお店はお昼に行くのがベストですね!


iPhoneX




牛タン専門店 司 東口ダイワロイネットホテル

仙台駅東口、綺麗なヨドバシカメラの隣のホテルの一階にあるのがこのお店。2日目のお昼ご飯を食べました。

お店の雰囲気はさすが繁盛店。
お客さんの楽しげな話し声。
店員さんの熱気と魂の指示。
牛タンを焼く音。お皿を片付ける音。
ひとつのショーみたい。
お店に入った瞬間に雰囲気に飲まれます。

お肉はめちゃめちゃ分厚い!
そして焼き具合は好みのレア!
味付けは薄味で肉の旨味を堪能できて、ご飯がすすむ丁度良い加減。
ジューシーなのにさっぱりしたようなお肉!
ここなら定食じゃなくて永遠と牛タン焼きを食べていたいくらい。

めちゃめちゃ美味しかった。
これは文では伝えられない。


iPhoneX




まとめ

以上が1泊2日で行った牛タン屋さんです!
2日目の昼過ぎに帰る予定だったので仙台での食事は全部で5食、そのうちの4食が牛タンでした!

帰ってきてから
「牛タンのために仙台行ったんだー」と言うと

「え、東京でも食べれるじゃん。」
「え、それだけのために?!笑」

こんな感じで冷たく返されますが……

言っておきたい。

めちゃめちゃ美味しいし
お店の雰囲気が面白いんだ!

ぜひ、牛タンのために仙台へ!






iPhoneX

Copyright © 2018 qitrip All rights reserved.