qi + trip !

Let's enjoy qitrip.

読書の秋?スポーツの秋?食欲の秋?

今年の秋は何処へ?というような気候ですが、秋に関する東洋医学について、ふと思ったことをまとめてみたいと思います。


僕の誕生日は9月上旬。
今年の誕生日は嬉しいことに沢山の本を頂きました!
本を頂くことはなかなか嬉しいことであります。
沢山溜まった本を暇な時に読んでいるときに思ったこと。
「読書の秋ってなんで秋?東洋医学的には?!」
そんなことで秋にまつわる東洋医学、考えていきたいと思います。

〜の秋は沢山ある!

日本人なら少しは意識したことのある
「〜の秋」
それも1つだけではなくて
読書やスポーツ、食欲、芸術、行楽
なんだか沢山思いつくと思います。
なんでこんなに沢山あるの?
読書は頭を使って、スポーツは身体を使う
対照的だけどなんで?
そもそも食欲ってそれ以外だし……
いやいや、ちょっと待てよ……

「共通点あるじゃん、東洋医学すごいじゃん!」

東洋医学で考える秋について


ここから陰陽五行で考えていこうと思います。
読書、スポーツ、食欲……
いろいろありますが1つずつ考えてみると
本を読んで頭の中でいろいろ考える読書、
身体を動かして楽しむスポーツ、
美味しいものを沢山食べる食欲、
米、さつまいも、栗などの旬の食べ物

これを五行に変換すると……

頭の中で考えるのは「思」
身体を動かすのは「肌肉」
沢山食べると言えば「脾」
旬の食べ物は「黄色」「甘い」

あれ、全部脾タイプじゃないですか!
五行で秋は肺のはずですが……

このズレはなんだろう?

そもそも、東洋医学は古典的なもの。
旧暦との関係があるのかもしれないと思ったけれど、旧暦は1月1日に新春というように、少し早まるので当てはまらない。

そうなると、脾の「長夏」にヒントがあるはず……
脾の五季は長夏と教科書に書いてありますが、「土用」とも言います。土用は、四季の移り変わる時期を指していて、今では夏の土用しか身近に感じませんが、本当は1年に4回あるもの。
秋の土用は10月の中旬から11月の初めにかけて、この時期が脾に当てはまる理由かもしれない。

また、脾は肺の母にあたるので「〜の秋」と言われているように脾が旺盛になるのかぁ……?

いろいろ考えてもよくわからない

今の僕にはこれが限界。
これからいろんなものを吸収してわかりやすいように伝えていきたいものです。
ただ1つ言えることは、読書やスポーツ、食欲の秋は昔の人たちが心地好いと感じたからいい伝わっているはず。
東洋医学は自然の中にあるということですね!








Copyright © 2018 qitrip All rights reserved.